スカルプシャンプーとは?

スカルプシャンプーとは?何が違うのでしょうか?

スカルプシャンプーという言葉を、よく聞きます。シャンプーって、髪を洗うっていうイメージがありますよね。ところが、薄毛に悩むようになってから気づいたんですが、シャンプーは、髪と頭皮を洗うものなんですね。

 

髪の健康にとって、頭皮環境はとても重要なことなんです。

 

スカルプとは「人間の頭皮」という意味なんです。

 

頭皮が髪が生えてくることに適した状態にしてやることが、美しい髪につながるんですね。

 

シャンプーは、髪も洗いますが、頭皮も洗いますね。頭皮のことも考えて作られたのがスカルプシャンプーなんです。

 

スカルプシャンプーは、何が違うの?

 

スカルプシャンプーやノンシリコンシャンプーが話題になる前のシャンプーは、髪の毛がサラサラ・ツヤツヤになるといったように、髪の毛に重点を置いたモノでした。

 

ですから、頭皮の状態には、髪に比べるとあまり重点を置いていなかったんですね。その結果、洗浄力が高く、皮脂をとりすぎてしまう傾向のシャンプーが多かったんです。

 

確かに、髪の毛はきれいになりますが、皮脂を取りすぎてしまうことが過剰な皮脂を分泌させることになって、かえってベタついた頭皮になってしまったり、乾燥がひどくなったり、頭皮が荒れてしまったりしたんです。

 

これが、薄毛や抜け毛の原因のひとつになるんですね。

 

スカルプシャンプーは、皮脂をとりすぎず、頭皮の環境を健康に保ち、髪が健康な状態を保つシャンプーなんです。

スカルプシャンプーにアミノ酸シャンプーが多いのはどうしてなの?

スカルプシャンプーは、頭皮の皮脂を取りすぎないことを考えて作られていますね。それが、アミノ酸シャンプーである場合がとても多いんです。

 

洗浄力が強い硫酸系シャンプーに対して、アミノ酸系シャンプーは、洗浄力が優しく、低刺激です。ですから、皮脂を取りすぎないんですね。

 

外部からの刺激を守る適度な皮脂を残すことができるので、発毛の環境を壊さないんですね。

 

また、髪の毛がアミノ酸でできていますので、アミノ酸系のシャンプーを使うことで、傷んだ髪の補修なども優しくできることが期待されています。

 

特に40代以降は、若い時より、皮脂の分泌が減りますので、皮脂を取り過ぎないように気をつけたいものです。

 

頭皮にトラブルがあったり、髪の毛が傷んでいたりすると、抜け毛の原因になりますから、アミノ酸系シャンプーが人気なんですね。