女性の薄毛には前兆がある@気を付けることは?

薄毛の悩みは中高年だけではなく若い女性にも急増

 

こんにちわ!
管理人のミケコです。

 

 

ミケコがウう毛に気が付いたのは、更年期に入り、絨毯に落ちている
抜け毛がやたらと多いこと、同時に白髪がかなり目立ってきて
白髪染めを始めたことからでした。

 

 

もともと、髪が細くてコシのない猫っ毛タイプでしたが、
地肌が見えるほどではなかったので、それほど気にしていなかった
んですね。

 

 

でも、薄毛の悩みって、中高年のものと思っていたんですが、
最近では、20代や30代といった若い女性にも急増中だと
いうんですね。

 

 

若い女性の薄毛の主な原因としては、遺伝や仕事のストレス、
生活習慣の乱れ、過度なダイエット、喫煙、飲酒、運動不足
などがあげられます。

 

 

そんな、薄毛になりそうな時の前兆があるんですよ。

薄毛の前兆で特に気を付ける3つの現象とは

薄毛が進行する前に前兆が現れてきます。
この前兆を見逃さないようにして対策をすることで薄毛を
予防することができますね。

 

 

1.フケの増加
 フケが、近ごろ目立つようになった、方に大量のフケが落ちている
 という方は、「ひこう性脱毛症」になる可能性があります。
 少ない量であれば、一般的なフケですが、大量のフケが出ると
 毛穴が詰まってしまったり、毛穴の中で細菌が繁殖している
 可能性があるので気を付けてくださいね。

 

 

2.頭皮がベタつく
 頭皮には、外部からの刺激から守るために適度な皮脂と善玉菌が
 住み着いているんですね。
 しかし、あまりにもベタついているという場合は、皮脂の量が
 異常になっています。

 

 

 大量に分泌された皮脂によって「脂漏性脱毛症」になる可能性が
 あります。
 皮脂が大量に出て、毛穴をふさいでしまうこともありますね。

 

 

 このような場合は、シャンプーを変えてみたり、シャンプーの
 回数を見直してみてくださいね。

 

 

3.髪が波打つようになる
 髪にウエーブがかかるようになってしまったり急に髪の状態が
 変わってしまったような場合は、女性ホルモンのバランスが
 崩れてしまった可能性が高いんですよ。

 

 

 ストレスによってバランスが崩れてしまう場合がありますが、
 髪にも影響が出てしまうんですね。
 その他にも体を冷やしてしまった、過度なダイエットをした、
 という場合にも表れてくる現象なんですよ。

 

 

こうした髪のサインを見逃さずに正しいケアをすることで
薄毛を予防することになりますよ。

 

シャンプーのし過ぎが薄毛の原因になることも

若い女性のキレイなロングヘアーって素敵ですよね。
この素敵なロングヘアーを保とうとするあまり、1日に
何回もシャンプーしていませんか?

 

 

これ、実は、髪にとっては逆効果なんです。
前の項目でも触れましたが、頭皮には、適度な皮脂と善玉菌が
必要なんですね。

 

 

洗浄力の強いシャンプーで1日に何度も洗うと、頭皮にとって
必要な皮脂と善玉菌までもが洗い流されてしまうんですよ。
その結果、頭皮は、皮脂を補おうと、過剰に分泌するんです。

 

 

頭皮のべたつきをなくそうと過剰にシャンプーしたために
かえって頭皮がべたつくことになるんですよ。

 

 

また、頭皮の善玉菌である表皮ブドウ球菌も洗い流して
しまうと、悪玉菌が繁殖してしまうんですね。
悪玉菌は、繁殖する時に臭いを発生させるんですよ。

 

 

頭皮が臭いとと気になってシャンプーをしすぎたことで、
かえって臭いが臭くなるんですね。

 

 

薄毛が気になっている方は、シャンプーをアミノ酸系に変えて
回数も1日1回以上はしないほうがいいんですよ。

 

 

 

ミケコが使っている抜け毛が少ないシャンプーの体験記へ