皮脂を取りすぎないシャンプーはなぜ抜毛の悩みの対策なの?

適度な皮脂は頭皮を守る

 

こんにちわ!
管理人のミケコです。

 

 

シャンプーというと、汗をかいてべたべたした頭皮と髪をさっぱりと
させる、というイメージがあります.
頭皮のことってあまり注意していなくて、どちらかというと、髪が
サラサラになればいい、と思っていませんか?

 

 

じつは、ミケコは、更年期に入って、抜け毛がものすごく増えるまで
そう思っていました。
ところが、髪を作るt目に重要なのは、頭皮だったんですね。

 

 

抜け毛がものすごく増えてからは、シャンプーに対する考えかたが
変わりました。

 

 

頭皮って、あまりにも皮脂を取りすぎて、すっきりさっぱりし過ぎると
髪を育得る環境がきびしくなるんですね。

 

 

なぜかというと、適度な皮脂によって頭皮は、乾燥や紫外線や汚れ
などから守られているからなんです。
皮脂が、必要以上に摂られてしまうと、頭皮が乾燥してカサカサに
なってしまい、フケや抜け毛の原因に一つになるんですね。

 

 

もしくは、とりすぎた皮脂をおぎなおうと、かえって皮脂の分泌が
多くなり、頭皮がべたつくこともあるんですよ。

 

 

ですから、皮脂を取りすぎないシャンプーが必要なんですね。
そこで、最近、お湯だけで洗う湯シャンが話題です。

じゃあシャンプーは使わないほうがいいの?

湯シャンとは、お湯だけで洗うやり方のことなんですよ。

 

 

作家の五木寛之酸や歌手の福山雅治や中村アンさんなどが
実勢んしています。

 

 

シャンプーで洗うことで、必要な皮脂や常在菌を取りすぎて
しまったり、合成界面活性剤で髪と頭皮にトラブルが起こるんでしたね。

 

 

そこで、37〜38度のシャワーでシャンプーの時のように
お湯で洗うと、必要な皮脂や常在菌を洗い流さないし、
合成界面活性剤で毛穴が詰まってしまったりすることがないんですね。

 

 

必要な皮脂や常在菌が残されるうえ、毛穴に合成界面活性剤が
詰まってしまう、といったことが起こりませんので、髪と頭皮が
健康な状態に保たれるんですね。

 

 

こんなにいいことだらけの湯シャンですが、シャンプーは
使わないほうがいいのでしょうか?

 

 

答えは、イエスでもありノーでもあるんですよ。

 

 

 

何故かというと、長年シャンプーを使ってきたのに、いきなり
湯シャンに帰ると、一時的とはいえ髪はベタベタになるし、
臭いもクサいんですよ。

 

 

この状態を越えなければ、湯シャンで髪と頭皮を健康的に
保てないんですね。

 

 

湯シャンにする方は、いきなりシャンプーをやめるのではなく
徐々にシャンプーをやめていくというように、たっぷりと
時間をかけていくといいようです。

あなたに合ったシャンプーと間隔をみつける

市販の多くのシャンプーに含まれている合成界面活性剤による
頭皮トラブルが注目されてからお湯だけで洗う湯シャンが
注目を集めているようです。

 

 

ところで、油と脂の違いをご存知ですか。
それは、常温で液体か固体かで決まるんですよ。

 

 

皮脂は、「脂」ですから常温では固体ですね。
皮脂の誘拐温度は42度前後とされています。
シャワーの温度としては、かなり高めですね。

 

 

湯シャンの適温は37〜38度と、キューティクルが開く
40度を下回る温度が推奨されています。
これでは頭皮の皮脂は、落ちないのでは?

 

 

しかも、生まれてからずーっとシャンプーと付き合ってきた
髪と頭皮ですから、やはり、シャンプーは使いたいのでは
ないでしょうか。

 

 

年齢や髪質に合った、合成界面活性剤の入らないシャンプーを
選びたいですよね。

 

 

また、シャンプーする間隔も、毎日でちょうどいい方もいれば
1日おきや2日おきのほうがいい方もいます。
季節によっても、違いますよね。

 

 

5年後、10年後に白髪や薄毛に悩まないために、あなたに合った
シャンプーを選びたいですね。