絶対に買ってはいけないシャンプーに含まれる成分って何?

有名タレントのCMにだまされてはいけません

 

こんにちわ!
管理人のミケコです。

 

 

スーパーやドラッグストアーに行くと、ものすごくたくさんの
シャンプーがずらりと並んでいますね。

 

 

髪質は、人それぞれ違いますし、カラーリングをしている人と
していない人もいますので、選ぶシャンプーは、違うのは
当たり前といえば当たり前ですね。

 

 

それにいs手も、あれだけたくさん並んでいる中から、どれを
選んでいいのかわかりませんね。

 

 

本来のシャンプーの目的というのは、頭皮の汚れや皮脂を落とす
ことですね。
なので、頭皮の刺激になるようなものや皮脂を必要以上に
取りすぎるシャンプーは絶対に買ってはいけないんですね。

 

 

また、有名タレントを起用してたくさんのCMを流している
という理由で、ついつい買ってしまうのもいかがなものか
と思います。

 

 

それに、キャッチフレーズに「無添加」「天然」「アミノ酸系」
「〇〇成分配合」とあっても、成分表示をよく確かめてから
買うようにしてくださいね。

石鹸シャンプーは乾燥肌の人のダメージが大

 

石鹸シャンプーは、主成分が脂肪酸カリウム(石鹸)なんですね。
弱アルカリ性で、石鹸以外の添加物は入れることが少ないんですよ。

 

 

一方合成シャンプーは、高級アルコール系(AS)、非イオン系(AE)、
アミノ酸系、など種類は多いのですが、ほとんどは、中世から
弱酸性で、製品の特長を出すために香料や保湿剤や防腐剤など
多くの添加物が含まれているんですよ。

 

 

また、リンスについても石鹸シャンプーのリンスはクエン酸や
お酢を使うことが多いんですね。
製品には、グリセリンやや香料が配合されていることもあるん
ですよ。

 

 

合成シャンプーのリンスは、陽イオン系のオイル成分や界面活性剤
やオイル成分、シリコン、香料、保存料、色素などが多く含まれて
いるんですよ。

 

 

石鹸シャンプーは、種類が豊富で、泡だちやすくて使いやすい
液体タイプと、水分が少なくてしっかりと泡立てることができる
固形タイプがあります。

 

 

初心者におすすめなのは液体タイプですが、石鹸シャンプーに
慣れた人には固形タイプの根強いファンがいるんですよ。

 

 

ただ、頭皮や髪との相性は、最悪の部類に入ります。
石鹸はアルカリ性なので、髪のキューティクルが強制的に開いて
しまうんですね。

 

 

すると、ダメージが起こりやすくなります。さらに、他の洗浄剤
より、多くの量が必要となり、石鹸カスが髪に付着してゴアゴア
の手ざわりになることがあります。

 

 

しっかりすすがないと、石鹸カスが、毛穴をふさいでしまう
こともあるんですよ。

薄毛の悩みを持つ女性が絶対に買ってはいけないシャンプー

 

ラウリル・ラウレス硫酸塩シャンプーは、特に薄毛に悩む女性が
絶対に買ってはいけないシャンプーなんですよ。

 

 

洗浄力や皮脂を洗い流す力が非常に強く、さっぱりと皮脂や汚れを
取り除いてくれる半面、必要以上に皮脂や常在菌を洗い流して
しまうため、頭皮が乾燥して毛穴も傷んでしまいます。

 

 

その結果、抜け毛、薄毛、フケやかゆみというトラブルを引き起こす
可能性が高いんですよ。

 

 

更年期に入り薄毛の悩みを抱える女性は、ラウレス硫酸Naや
ラウリル硫酸Naが配合されているシャンプーは、絶対に買っては
いけないシャンプーの一種ですね。

 

 

ラウリル硫酸Naは、アニオン系界面活性剤の1種で、泡立ちがとても
良く、強い洗浄力がり、小曽戸が安く製造できるので、多くの
市販のシャンプーの良く使われている成分なんですね。

 

 

しかもラウリル硫酸塩系の界面活性剤は、皮膚への浸透性が
高いため、かつて多く使われていた欧米でも皮膚病が多発したため
あまり使われなくなったんですよ。

 

 

また、殺菌効果も強いため、大切な常在菌にまでダメージを与えて
しまい、頭皮はばい菌に対して無防備な状態に陥り、その結果として
炎症が起きやすくなるんですね。

 

 

頭皮に炎症が起こると、必然的に抜け毛が増えてしまうんですよ。

シリコンって悪者?

 

昨今、シリコンは、すっかり悪者になっていますが、害もありませんし
基本的には安全な成分なんですよ。

 

 

赤ちゃん用品にも、化粧品、生理用品、医薬品などあらゆる日用品に
使われている安全な成分なんですよ。

 

 

ですから、ノンシリコンシャンプーであれば、何でもいいわけでは
ありません。

 

市販のシャンプーは、洗浄成分がラウリル硫酸Na、ラウレス硫酸系
と使っていることが多いんですよ。
それらの成分は、洗浄力が強いため必要以上の皮脂や常在菌を
洗い流してしまう可能性が高いんですね。

 

 

それらを隠すため、シリコンなどのコーティング剤(合成ポリマー)
を利用しているんですよ。

 

 

シリコンは、はがれかけたキューティクルや枝毛などをくっつけて
くれる万能の補修剤でもあるんですよ。
ですから、髪のダメージがひどい方は、シリコン入りのシャンプー
を使っても問題がないですよ。

 

 

シリコンが配合されている製品に表示は、ジメチコン、シクロメチコン、
シリカや合成ポリマーと表示されています。
表示されている成分は、量の多いものから順番に記載されていますので
順番を参考にして、過剰に配合されていないものを選ぶといいですよ。

 

 

ノンシリコンの場合シリコンの代わりに配合されている油性の
コーティング剤が配合されていない製品は少ないので、表示内容や
順番を確かめてくださいね。

 

 

シリコンは、化学的には、ほとんど変化しないので、人体に
刺激になることや毒になることがありません。
メッシュ状の分子なので、毛穴が詰まるようなことはないんですよ。

 

 

シリコン入りシャンプーは、絶対に買ってはいけないシャンプー
ではないようです。

 

 

ミケコが買って実際に使っているシャンプーの体験ページへ