寝不足で抜け毛や薄毛が増える!たっぷり寝ればいいのかな?

寝不足は弱い髪しか育てない

 

こんにちわ!
管理人のミケコです。

 

 

更年期以降、疲れがなかなか取れないことが多く、寝不足は、
体調不良を何日ももたらすんんですねえ。
人間にとって睡眠は必要ですね。

 

 

睡眠は、身体を休め、傷んだ個所を修復し、さらに成長させて
くれるんですね。
身体の休息・修復・成長の3つをうながしているのが、睡眠中に
分泌される成長ホルモンといわれるものなんですよ。

 

 

睡眠中に分泌される成長ホルモンが、細胞を活性化させ、体の機能
回復を促しているんですね。
睡眠中に髪が最も成長する、と言われているのもこの成長ホルモンの
分泌が多い時間帯だからなんですね。

 

 

健康な髪を育てるためには、成長ホルモンが必要なんですね。

 

 

寝不足が続くと、成長ホルモンの分泌が衰えて、髪が育ちにくい状態
に陥り、抜け毛が増える原因の一ついなります。

 

 

寝不足によって成長ホルモンの分泌が衰えると、元気な髪が
育ちにくくなり、ハリ・コシのない髪、毛包が虚弱な髪、細い髪
ばかりになってしまいます。

 

 

睡眠をしっかりとって、髪を育てる成長ホルモンの分泌を
促すことが大切なんですよ。

髪を育てる成長ホルモンが最も分泌する時間帯は

成長ホルモンが最も分泌するのは2つあります。

 

 

成長ホルモンが分泌され始めるのは、就寝後30分から1時間ほどで
分泌され始めて、就寝後1時間半から2時間でピークを迎えます。

 

 

浅い眠り(レム睡眠)は、成長ホルモンんの分泌が弱く、睡眠が
深い(ノンレム睡眠)は、せいちょうほるもんがよりたくさん分泌
されるんですよ。

 

 

もう一つのピークは、午前1時から2時の間なんですよ。
1日を通して成長ホルモンの分泌が多いのは、23時から2時に
かけてなんですよ。

 

 

21時くらいから成長ホルモンが分布され始め、午前1時から2時
前後にかけて成長ホルモンの分泌がピークを迎えます。

 

 

ですから、午後10時から午前2時の間に深い眠りについている
ということが、成長ホルモンの分泌を最大限に引き出し、身体と
髪を元気にしてくれるんですね。

 

 

寝る時間がバラバラで生活のリズムが不規則だと成長ホルモンの
分泌量が少なくなってしまうんですね。

 

それじゃあたくさん寝ればいいの?

寝不足は、百害あって一利なし、ということですね。
ハリ・コシのある良い髪を維持するためには、質の良い睡眠が
不可欠だということですね。

 

 

それじゃあ、たくさん寝ればいいのでしょうか?

 

 

答えはノーでなんですよ。
睡眠というのは、元気に活動する時間があるから睡眠中に
成長ホルモンが分泌されるんですね。

 

 

睡眠に必要な時間数というのは年齢や職業や個人差がありますが、
ダラダラとたくさん寝ることはいいことではありません。
あまり活動をしないと新陳代謝の機能が衰えてしまいます。

 

 

ダラダラと夜更かしをして寝不足になるのと変わりないですね。

 

 

日中は、活動して、夜に質の良い睡眠を取るのが髪をしっかり
育てることになりますね。