市販のシャンプーひまわりは薄毛が悩みの人にいいのかな?

市販の人気シャンプー「ひまわり」を解析

 

こんにちわ!
管理人のミケコです。

 

 

たくさんの市販のシャンプーの中でディアボーテ「ひまわり」が人気です。

 

 

まずは、全成分は以下になります。

 

水,ココイルメチルタウリンNa,パーム核脂肪酸アミドプロピルベタイン,
コカミドメチルMEA,ココイルグルタミン酸TEA,ラウロイルサルコシンTEA,
コカミドMEA,ジステリアン酸グリコール,ココイルグルタミン酸2Na,
ヤシ油脂肪酸PEG-7グリセリル,ヒマワリ種子油,ヒマワリ種子エキス,
ヒマワリ花エキス,ヒマワリ芽エキス,アセチルグルコサミン,グリセリン,
塩化Na,ミリスチン酸,ココイルトレオニンNa,
グアーヒドロキシプロピルトリモニウムクロリド,ココイルグルタミン酸Na,
クエン酸,ポリクオタニウム-10,ポリクオタニウム-49,ポリクオタニウム-7,
エタノール,EDTA-2Na,安息香酸Na,香料,カラメル

 

 

この成分の中で、
ココイルメチルタウリンNa
パーム核脂肪酸アミドプロピルベタイン
コカミドメチルMEA
ココイルグルタミン酸TEA
ラウロイルサルコシンTEA
コカミドMEA

 

が、アミノ酸系洗浄成分です。
メインの洗浄成分にはココイルメチルタウリンNaが配合されています。

 

 

この洗浄成分は、タウリン系の界面活性剤で、この成分がメインで
配合されていると、洗い上がりがとてもさっぱりとします。
その上、さっぱりと感じられるほどの洗浄力がありながら
頭皮には低刺激なので、安心して使えますよ。

 

 

それから、アミノ酸系ではありませんが、とても低刺激な洗浄成分の
パーム核脂肪酸アミドプロピルベタインとコカミドメチルMEAと
コカミドMEAが配合されています。

 

 

ラウロイルサルコシンTEAは、アミノ酸系ですが、その割には若干
刺激が残る成分です。

ジステアリングリコールを配合した理由

ひまわり」にはジステアリングリコールが配合されています。
この成分が配合されると、シャンプーが濁った色になるんですね。

 

 

なぜ、シャンプーを濁らせなければならないんでしょうか?

 

 

これは、大量生産による、微量の遺物の混入を目立たなくさせる
ためのようです。
人体に影響がないとはいえ、好ましくないことですね。

 

ひまわり系エキスの効果は

ヒマワリ種子油は、抗酸化作用が期待できる成分で、紫外線から
髪を守ってくれるんですよ。

 

 

それに、その他のひまわり系エキスも、髪に保湿や軟化作用が
期待できるので、髪が硬い方は、少しですが、髪が柔らかく
なるんですよ。

 

 

ひまわり系エキスに絞って精油が配合されていることは
いい点ですね。

カチオン系ポリマーの種類が多めな点が残念です

「ひまわり」には、
ポリクオタニウム‐10
ポリクオタニウム‐49
ポリクオタニウム‐7

 

というカチオン化ポリマーが配合されています。
これらは、髪や頭皮をコーティングして保護してくれるような
成分で、ノンシリコンシャンプー特有のきしみを緩和してくれる
働きをします。

 

 

しかし、この成分は、髪の毛に膜を作るだけで、内部を補修する
物ではありません。
場合によっては、それ自体が刺激になることもありますので
あまりいい成分とは言えないんですね。

 

 

それに、この成分が多く配合されると、きしみは緩和されるんですが
髪を乾かすと、髪が若干ごわつくんですね。

 

 

多くのシャンプーは、この成分を1種類だけ配合しているんですが、
「ひまわり」は3種類も配合しているところが気になります。

 

「ひまわり」が向いていない髪質は

「ひまわり」シャンプーは、洗浄成分がタウリン系界面活性剤を
ベースとしてバランスよく配合されています。
植物エキスもひまわり油系に絞って配合されています。

 

 

ですが、ダメージ補修成分が一切配合されていないんですね。
ですから、カラーやパーマなどによって髪にダメージがある方
には向いていまえん。

 

 

ということは、薄毛の原因がカラーやパーマによるような方には
向いていないですね。

 

 

ただ、市販で値段の割にはとても良いシャンプーですよ。

 

 

薄毛が気になるミケコが使っているシャンプーの体験へ