経皮毒が入りやすいのは頭皮だからシャンプー選びは大事?

経皮毒が話題になった時期は?

 

こんにちわ!
管理人のミケコです。

 

 

あなたは「経皮毒」という言葉を知っていますか?
2005年に竹内久米司という方が広めた言葉です。

 

「経皮毒」とは、シャンプーや洗顔などの日用品には毒性があり
その毒性をもつ成分が、皮膚を経由して体内に侵入し、それが
毒素化して発がん性を伴う、という事でした。

 

 

でも、ちょっと考えると、言っていることがちょっとおかしい
のですが、当時は大変怖いことだとして、認識されてしまったんですね。

経皮毒って何?

「経皮毒」について竹内氏が著書の中で悪者扱いしている成分は、
ちょっと前までシャンプーの主成分であった「ラウリル硫酸Naと
今でも化粧水などによく使用されている保湿成分のプロビレン
グリコール(PG)なんですね。

 

 

この著書によると、PGは、脂質の溶解作用に優れているので、
皮膚組織内の細胞間脂質を溶かして、そこにラウリル酸Naなどの
化学物質を体内に侵入させることで、女性であれば子宮などの
臓器に蓄積されてガンなどの健康被害を及ぼす、と言うのです。

 

 

当時は、市販の安いシャンプーには、ラウリル酸NaもPGも配合
されていました。
ですから妊婦さんがこの話を聞いて、怖くて市販のシャンプーを
使えなくなった方もいたんですよ。

 

 

ですが、仮にこの二つの成分が皮膚を破壊して体内に蓄積するという
理論が成り立つなら、シャンプーで髪を洗った後は皮膚バリアーが
壊れてしまっているので、お風呂に潜ったら、頭の中に、たくさんの
お湯が入ることになるのではありませんか?

 

 

そんなことありえないですよね。

 

 

それから、「経皮毒」と言えば有名な話が以下になります。

 

 

産婦人科の助産婦さんが、出産ん医立ち会った時に「羊水から
シャンプーの強い匂いを感じた」と言ったというのです。

 

 

女性の場合、子宮に毒素がたまりやすいと言われているので、
ありそうな話として怖くなりますが、このようなことは、ありえない
ことななんですよ。

 

 

なぜかというと、シャンプーの臭いというのは、ラウリル酸Naや
PGによるものではなく、香料によるものなんですよ。
香料の成分が子宮にとどいているとは考えにくいですね。

 

 

子供を守ろうとする妊婦さんにとっては、とても不安になる話題
ですね。

経皮毒は完全なデマなの?

結論から言うと、こちらの分野に専門的知識を持っている方々が
完全に否定しています。
科学的根拠が全くないとのことです。

 

 

人間が持っており皮膚のバリア機能は最強なんですよ。
紫外線をはじめとする様々な外的物質の侵入を防いでくれる
最強の防御システムを持っているのが「皮膚」なんですよ。

 

 

この最強のバリア機能を持っている皮膚を、普段使っている
シャンプーに含まれるラウリル酸NaやPGが合わさった程度では
突破できるものではありません。

 

 

経皮毒の考え方では、これらの化学物質が皮膚を通って体内に
蓄積するとありますが、蓄積どころか皮膚を通過すること自体
できないんですよ。

 

 

仮に皮膚を通過したとしても、体内に蓄積することなどありえません。
現在日本の法律では、摂取しても100%分解・吸収できる成分しか
しようしてはいけないことになっているんですよ。

 

 

もし、日用品が体内に蓄積して発がん性物質となることが正しい知識
だとすると、私たちの体内は、化学物質だらけになってしまい
20歳くらいまでしか生きられないかもしれませんね。

 

 

皮膚のバリア機能についてですが、皮膚というのは、表皮、真皮、
皮下組織と分けられます。
その中の一番表面にある皮膚は五層に分けられます。

 

 

一般的に日用品に含まれる化学物質は、表皮の第一層である角質に
はじかれてしまいます。

 

 

経皮毒の理論では、この角質層の細胞間脂質をPGが溶かし、ラウリル酸Na
が流れ込むが流れ込むと言っています。
ですが、もしこの角質層を通過化できたとしても、皮膚は何段階もの
バリア機能を備えています。

 

 

さらに、人の皮膚には浸透膜というものがあり、この膜は浸透させる
ものを選べるんですよ。
仮にPGやラウリル酸Naが皮膚に侵入しようとしても、浸透膜は、この二つを
異物と判断して、通過することはできません。

 

 

皮膚のバリアー機能というのは、大変に強固なものなんですよ。