ルイボスティーは薄毛の改善に効果があると言われるのはなぜ?

ルイボスティーってどんなお茶なの?

 

こんにちわ!
管理人のミケコです。

 

 

ここ最近、スーパーのいくと、ペットボトルタイプや、ティーバック
タイプのルイボスティーが販売されています。

 

 

ルイボスティーは、南アフリカ共和国にあるセダルパーク山脈にしか
自生できない、マメ科の植物であり、ハーブの一種であるルイボスの
葉を乾燥させたお茶なんですね。

 

 

ルイボスティーは、コーヒーや緑茶のようにカフェインを含んで
いません。
また、苦み成分であるタンニンの濃度も低いので、子供や妊婦も
飲めるお茶として人気があるんですよ。

 

 

南アフリカの先住民の人たちは古くから薬草として使用して
いるんですよ。

ルイボスティーはなぜ育毛の効果が期待できるのでしょう

ルイボスティーには、育毛に欠かせないミネラル類が豊富に含まれて
いるんですよ。
以下の5つがその理由です。

 

 

1.抗酸化作用
 ルイボスティーの抗酸化作用は、緑黄色野菜の5〜50倍もの
 効果が期待できると言われています。
 また、活性酸素を分解してくれるSOD酵素を活性化させる作用が
 あるんですよ。

 

 

 SOD酵素とは、スーパーオキシドディズムターゼの略語で、
 活性酸素を分解してくれる酵素のことなんですよ。
 体の中が酸化して老化することを防いでくれる作用があるんですね。

 

 

 SOD酵素は年齢とともに減少していきますので、抜け毛や薄毛の
 原因の一つになるんですね。

 

 

 ルイボスティーを飲むことで、減少したSOD酵素の働きを補う
 ことができますので、活性酸素による抜け毛を減らし、育毛にも
 効果が期待できるんですね。

 

 

2.ミネラル類が豊富
 ルイボスティーには、ナトリウム、カリウム、カルシウム、マグネ
 シウム、鉄、マンガン、亜鉛、銅、セレンなどのミネラル類が、
 人間の体液の比率と、かなり近い比率で含まれているんですよ。

 

 

 育毛のためには、たんぱく質やミネラル類、ビタミン類が不可欠
 ですね。
 特に亜鉛は、男性型脱毛症であるAGAの原因と言われている5α
 リダクターゼの働きを阻害することがいられています。

 

 

 ルイボスティーに夫君れているミネラル類は、細胞の活性化や
 新陳代謝の向上などの効果が期待できます。
 頭皮環境を健康に保ち、健康で抜けにくい髪を育てる効果が
 期待できます。

 

 

3.リラックスする作用
 ルイボスティーには、モノアミンオキシターゼという酵素が
 含まれています。
 モノアミンオキシターゼは、ノルアドレナリン、セロトニンの
 バランスを調整してくれるので、ストレスを緩和してくれたり、
 興奮状態を緩和いてくれるんですよ。

 

 

 ルイボスティーのリラックス作用で、副交感神経を休ませて
 ぐっすり眠れるようになったり、セロトニンなどのバランスを
 調整してくれますので、ストレスが緩和され、育毛に効果が
 期待できます。

 

 

4.毛細血管の強化
 ルイボスティーには、ポリフェノールの一種であるルチンが
 含まれています。

 

 

 そばやイチジクなどにも豊富に含まれているルチンは、毛細血管を
 強くする作用があるビタミンPとも呼ばれている水溶性のビタミン様
 物質です。

 

 

 頭皮は、毛細血管が網の目状に張り巡らされていて、頭皮を健康に
 保ち、毛母細胞に血液を送り続けることで、強くて抜けにくい
 健康な髪がおだちます。

 

 

 傷つきやすく、血流が流れにくくなりやすい毛細血管を強くして
 くれる効果が期待できるのがルイボスティーに含まれるルチン
 なんですね。

 

 

5.血行促進の作用
 ルイボスティーには、ポリフェノールの一種であるケルセチンが
 含まれています。

 

 

 玉ねぎなどにも豊富に含まれるケルセチンは、抗酸化作用を
 持っています。
 活性酸素によってダメージを受ける赤血球を守り、働きを活発に
 させる作用を持っています。

 

 

 ケルセチンは、活性酸素を除去する働きを持っていますので、
 赤血球を活性酸素によるダメージから守るとともに赤血球の
 働きを活性化するので、血行が促進されるんですよ。

ルイボスティーは飲みすぎはダメ!

ルイボウティーは、副作用がないと言われていますが、飲みすぎは
いけません。

 

 

体質によっては、お腹を壊す方がいるようです。
また、タンニンなど摂取しすぎると、身体に良くない場合があります。

 

 

1日500mlを目安に飲みましょう。