更年期の抜け毛をなるべく早く改善できる方法ってないの?

更年期はつらいよ!様々な症状が出るんですぅ〜

 

こんにちわ!
管理人のミケコです。

 

 

個人差がありますが、ミケコが45歳くらいから更年期の症状が
出始めました。
ミケコの場合は、とにかく寒さにものすごく弱くなりだしました。
また、急に抜け毛が、ものすごく多くなりました。

 

 

更年期の症状は、ホルモンのバランスが崩れることで、めまいや
ほてり(ホットフラッシュ)などが、よく知られていますが、
ミケコのように抜け毛が増えて宇津毛が気になる、ということも
あるんですね。

 

 

男性のように、後頭部や前頭部だけが薄くなってくるのではなく、
髪全体が徐々に薄くなってくるんですね。

 

 

ミケコの場合は、元々猫っ毛だったもですが、髪が、さらに細く
なり、分け目ハゲと前頭部の地肌がスカスカな状態になりました。

 

 

こんなにはっきりとした抜け毛にびっくりしてしまい、なるべく早く
改善したいと思ったことがあります。

更年期の抜け毛の原因は何でしょうか

女性ホルモンの減少

 

更年期に入ると、女性ホルモンんの分泌が急激に減少します。
女性ホルモンであるエストロゲンは、髪の成長を促進する働きが
あるので、減少すると髪が成長しにくくなってしまいます。

 

 

髪が成長する機関が短くなって、髪が生えない休止期が長くなり、
髪が細く柔らかくなって、ボリュームが減る、抜け毛が増える
などの症状があらわれてくるんですよ。

 

 

 


更年期に入る40代後半は、仕事や子供のことなどの悩みが多い
時期ですね。
ストレスがたまっていても、なかなか解消できないですね。

 

 

そして、50〜60代に入ると、子供が巣立って夫婦二人だけの
生活になったり、親の介護の問題が出てきたりと、今までの生活が
大きく変化する時期ですね。

 

 

慢性的なストレスは、交感神経を常に優位にしてしまい、血管は
収縮し、全身の血行を悪くしてしまいます。

 

 

そうすると、頭皮への血流も低下してしまいますので、髪を作る
栄養も十分にいかず、髪の成長妨げて、抜け毛を増やしてしまい
かねません。

 

 

パーマやカラーリングを続けてきた結果

 

若いころから、ヘアカラーやパーマを続けてきた結果、頭皮や
髪にダメージが蓄積している方がいます。

 

 

若い頃は、回復する力もあったのですが、更年期に入ると、
回復力も大幅に落ちてしまいます。
そして、頭皮が赤くなるなどがたび重なるようになると抜け毛が
増えてしまうことになりかねません。

 

 

更年期の抜け毛を改善するには

 

 

 

更年期というのは、だれにでもやってくるものです。
更年期による体調の変化は、大なり小なりやってきます。

 

できるだけ早く抜け毛を改善するには、まず以下のことを行って
見てください。

 

 

大豆イソフラボンを摂る

 

大豆イソフラボンは、女性ホルモンに似た働きをすることで
知られています。
更年期によって減少した女性ホルモンを補ってくれる働きを
するので、積極的に摂りたい栄養ですね。

 

 

豆腐屋納豆などの大豆製品を積極的に取り入れる、サプリメントで
摂取するなどの方法があります。

 

 

ストレスを解消するように心がける

 

更年期に入るくらいの年齢は、仕事や子供、夫や親などのことで
ストレスが溜まりやすい時期ですね。
これらのストレスは、無くすことが難しいですね。

 

 

けれど、ストレスをため続けていると、大きく体調を崩して
しまいかねません。
なにか、小さなことでもいいですから、解消することを見つけて
実行しましょう。

 

 

シャンプーを変える

 

更年期を過ぎるころから、頭皮から出る皮脂の量が減ってきます。
そこへ、若いころから使ってきた、洗浄力の強いシャンプーを
使うと、頭皮にとって必要な皮脂や常在菌までも洗い流して
しまうため、頭皮が乾燥試薬くなり、頭皮トラブルが発生しやすく
なります。

 

 

そうすると、抜け毛がますます進んでしまいかねません。
そこで、必要な皮脂までも洗い流さない、アミノ酸系シャンプー
を使うことをお勧めします。

 

 

ミケコは、若いころから使っていたシャンプーをアミノ酸系
シャンプーに変えただけで、抜け毛がグッと減りました。

 

 

正しいシャンプー法を実行する

 

シャンプーをアミノ酸系に変えたら、正しいシャンプー法を
実践することです。

 

ブラッシングをして髪の汚れを落とす
38℃程度の温度のシャワーで1〜2分予洗いをする
手の平でよく泡立てたシャンプーを髪全体に漬ける
ゴシゴシと頭皮をこすったりせずに優しく洗う
泡で髪全体を包むように洗う
すすぎを1〜2分しっかりと行う
髪についている水分をタオルでよく吸い取る
ドライヤーで全体を生乾きにせずにまんべんなく乾かす

 

 

頭皮は、シャンプーしたままの濡れた状態でいると、カビ菌や
その他の菌が繁殖しやすくなります。
そうすると、頭皮トラブルが起きやすくなり、抜け毛や薄毛が
進行する危険性がありますよ。

 

 

パーマや白髪染めは髪と頭皮に優しいものにする

 

抜け毛や薄毛が気になる時に、注意してほしいのが、頭皮の状態です。
頭皮は、健康な時には、青みがかった肌色をしています。

 

 

この健康な頭皮が、強いパーマ液や、強い白髪染めの液剤などによって
炎症を起こすことがあります。

 

 

頭皮が炎症を起こすと、髪の毛を育てている毛根がダメージを
受けます。
そうすると、抜け毛が増えてしまうことになりますね。

 

 

薄毛や抜け毛が気になる方は、できるだけパーマや白髪染めを
避けたいですね。

 

 

でもどうしてもパーマや白髪染めをしなければならない時には、
髪と頭皮に優しいパーマや白髪染めを使うことが必須ですよ。

 

 

食生活や睡眠時間なども気をつけて

 

あなたは、太るからと、野菜以外のものは、あまり食べないように
していませんか?
髪は、たんぱく質からできていますので、常にたんぱく質が不足
していると、髪に栄養が行き届かなくなり、抜け毛や薄毛が進行する
可能性があります。

 

 

また、睡眠不足が、髪の成長に与える影響は意外に大きいんですよ。
なぜかというと、成長ホルモンは、寝ている間に出るからなんですよ。
夜の10時から夜中の2時までの間が、一番成長ホルモンが出やすい
時間帯なんですね。

 

 

特にこの時間帯にしっかり寝ることが、髪の成長にとっても大事
なんですよ。
夜にしっかりと、質の良い睡眠をとることは、とても大事なんですよ。

女性用育毛剤が抜け毛を改善

実はミケコは、育毛剤の効果を全く信用していなかったために
なるべく早く抜け毛を改善する機会を伸ばしてしまいました。

 

 

正直言って、育毛剤の効果というのも、個人差があります。
でも、シャンプーをアミノ酸系に変えて、正しいシャンプー法を
実践し、夜更かしをできるだけしないように生活してきました。

 

 

そこへ、育毛剤を使い始めたら、ほぼ6か月で髪が太くなり、
地肌の見える部分がかなり目立たなくなってきました。
育毛剤の会社のコールセンターの方が言うには、抜け毛の改善が
早いほうだと言っていました。

 

 

栄養や睡眠、ストレス解消などにも気を配りながら、育毛剤を
使用するのが少しでも早く更年期の抜け毛を改善する方法なんですね。

 

 

 

更年期の抜け毛改善に使用押したシャンプーと育毛剤の体験談へ