女性必見!分け目から頭頂部にかけて薄くなっている髪の対策

髪の分け目から頭頂部にかけての薄毛の原因とは

 

こんにちわ!
管理人のミケコです。

 

 

更年期に入った途端、抜け毛が急に多くなって、分け目から頭頂部
にかけて、髪がものすごく薄くなってしまいました。

 

 

女性は、更年期に突入し始める40歳くらいのころから、急激に女性
ホルモンの量が減り始めるんですね。
女性ホルモンの分泌量が減少することで、男性ホルモンの分泌が
優位になってしまいます。

 

 

男性ホルモンがちょうど頭頂部付近から分泌されているので
その部分を中心に細くて抜けやすい髪の毛が多く育つように
なるんですよ。

 

 

その他にもバクテリアの繁殖が原因になることもあるんですよ。

 

 

頭皮には常にバクテリア(細菌)が存在しています。
そのバクテリアの種類は、およそ20種類程度存在して、腸内フローラ
のように、善玉のバクテリアと悪玉のバクテリアで成り立っています。

 

 

頭皮環境が悪化すると、悪玉のバクテリアが繁殖してしまいます。
それが毛根を包んでいる毛包内の栄養分まで食べてしまいます。

 

 

そうすると、毛包内の毛母細胞にまで栄養分がいきわたらなくなるん
ですね。
このバクテリアは、癜風菌(でんぷうきん)というものなんですが、
増殖することによって、徐々に抜け毛が進行していくんですね。

頭皮の皮脂のバランスが大事です

癜風菌(でんぷうきん)が増殖する原因は、いくつかあります。
加齢に伴い頭皮のターンオーバーが次第に鈍ってくることで
王妃の余分な皮脂がそのまま残ってしまうことがあるんですね。

 

 

皮脂が残ることで、癜風菌(でんぷうきん)のエサとなり、
さらに繁殖してしまうんですね。

 

 

毛根に栄養が足りなくなり、髪の毛が育ちにくくなり、細くて
抜けやすい髪の毛ばかりが育ってしまいます。
そのため、初期の段階では、頭頂部の髪のボリュームが減ってきたと
感じるようになるんですよ。

 

 

この状態を放っておくと、毛母細胞自体が死滅してしまい、
その毛根から髪の毛が育つことはないんですよ。

まず、シャンプーをあなたに合ったものに変える

更年期に入り、女性ホルモンのバランスが崩れることで、頭皮を
保護している皮脂や善玉菌のバランスが、くずれるんでしたね。

 

 

もう一つ、あなたの頭皮に合っていないシャンプーによって
皮脂のバランスが崩れている可能性があります。

 

 

更年期以降は、洗浄力の強いシャンプーを使うと、頭皮を保護する
皮脂や善玉菌を、必要以上に洗い流してしまうんですね。
そのため、頭皮が乾燥してしまったり、悪玉菌が大繁殖して
しまったりするんですよ。

 

 

そのために抜け毛が増えたり、薄毛が進行していまうことが
あるんですね。
ミケコは、それまで使っていた、洗浄力の強いシャンプーから
アミノ酸系のシャンプーに変えただけで、抜け毛が減りました。

 

 

アミノ酸系のシャンプーは、洗浄力があまり強くないため、
必要な皮脂や善玉菌を洗い流してしまわないですよ。

 

 

皮膚科で診察を受けて、頭皮をゴシゴシこすらないように言われて
素乗っ取りにしているのに、抜け毛の本数が減らない、とお悩みの方は
使っているシャンプーを確かめてみて下さいね。