アミノ酸、オーガニック、ボタニカルシャンプーの成分の違い

シャンプーにも色々ありますね

 

こんにちわ!
管理人のミケコです。

 

 

最近、髪と頭皮に優しいシャンプーとして、アミノ酸シャンプー、
オーガニックシャンプー、ボタニカルシャンプーという製品が人気です。
この3つのシャンプーの違いって何?と思ったことはありませんか。

 

 

どんな成分で、どれが本当に髪と頭皮にいいのか調べてみました。

アミノ酸シャンプー

 

アミノ酸シャンプーとは、洗浄成分である界面活性剤にアミノ酸系の
成分を使用している物です。
お肌や頭皮への刺激が少ないところが特徴なんですよ。

 

 

私たちの体は、水分が約60%、残りの40%のうち20%が
たんぱく質でできているんですね。
アミノ酸は、500種類以上ありますが、身体を構成している
アミノ酸は、20種類ていどなんですよ。

 

 

髪の毛や皮膚もアミノ酸からできているため、同じアミノ酸を
洗浄成分にしているアミノ酸シャンプーだと、刺激を最小限に
抑えることが出来る、という考え方なんですよ。

 

 

ですから、上手に選ぶことができると、敏感肌やアトピーの方にも
安心して使えるシャンプーなんですね。
頭皮にとって必要な皮脂や潤いを残してくれるので、薄毛や抜け毛
で悩んでいる方にも人気があるんですよ。

 

 

しかし、アミノ酸の含有量やその他の成分が、製品によって違い
ますので、何でもいい訳ではないんですよ。

 

 

アミノ酸系の洗浄成分の主成分は、界面活性剤なんですね。
石けんの主成分も界面活性剤ですが、色々な種類の界面活性剤の
一つがアミノ酸系界面活性剤なんですよ。

 

 

アミノ酸系洗浄剤は、たくさんある界面活性剤の中で、最も肌に
優しく刺激が少ないという特徴があります。

 

 

界面活性剤の中で、最もよく使われているのが高級アルコール系の
物で、ラウリル硫酸Naだったんですが、洗浄力が高いけれど、肌への
刺激が強く、特に敏感肌の方には、かゆみや発疹などのトラブルが
きることがあったんですね。

 

 

そこで、肌に刺激の少ない界面活性剤の研究が始まり、1980年頃から
開発されだして、今では、肌に優しいシャンプーとしてアミノ酸系
シャンプーの人気が定着しています。

 

 

アミノ酸系洗浄剤は、洗浄力がマイルドなため、頭皮に必要な皮脂や
善玉の常在菌など、頭皮を保護しているものまで洗い流さないのが
特徴なんですよ。

オーガニックシャンプー

 

最近、オーガニックシャンプーという言葉をよく耳にします。
「オーガニック」とは、「有機栽培」という意味なんですよ。
この有機栽培の植物を使って製造されたシャンプーをオーガニック
シャンプーというんですよ。

 

 

天然素材だから安全だという印象を受けますね。
けれど、日本には、オーガニック(有機栽培)の基準はありますが、
オーガニックシャンプーの基準はないんですよ。

 

 

ですから、ほんの少しの植物原料が配合されているだけでも
オーガニックシャンプーと名乗ることができるんですね。

 

 

このような、オーガニックシャンプーのはしくれみたいな製品には、
防腐剤などの、髪に良くない成分が配合されているものもあるんですね。

 

 

有機栽培の植物だけでシャンプーを作ることは不可能ですが、髪への
優しさにこだわって、しっかり作られている製品もあるんですね。
「オーガニック」という言葉に惑わされずに選ぶことですね。

 

 

「オーガニックシャンプー」と位置づけされていても、すべてが、髪に
優しいかどうかは、配合されている成分をみてみなければわからないん
でしたね。

 

 

界面活性剤は何が使われているでしょうか。
ラウリル硫酸ナトリウムやラウレス硫酸は、とても刺激の強い合成
界面活性剤なので、肌トラブルが起きる可能性があります。

 

 

それから、パラベンのような防腐剤は配合されていないかを確認
してくださいね。

 

 

オーガニックシャンプーは、なぜ人気があるのでしょうか?
それは、天然植物の素材が主成分なので、髪と頭皮に優しいからですね。

 

 

洗い心地が優しくマイルドなので、敏感肌や頭皮にトラブルがある場合
でも安心して使えます。
植物由来成分を使用しているオーガニックシャンプーなら、優れた
洗浄力なのに、刺激が少なく、優しい洗い上がりです。

 

 

次の人気のポイントは無香料で人工的な臭いがしないことです。
使われている植物の臭いはしますが、ハーブ系が多いので
きつい臭いはしないで紆余。

 

 

そして、植物だから得られる効果があるところがポイントです。
薬草や海藻ハーブなどには、抗炎症作用や殺菌作用、さらに捕逸効果が
期待できるので、頭皮トラブルの改善が期待できるんですよ。

 

ボタニカルシャンプー

 

ここ最近、ボタニカルシャンプーという名前をよく聞くように
なりました。

 

 

ボタニカルとは、「植物の」という意味ですから、ボタニカル
シャンプーは、植物由来のシャンプーという意味なんですよ。
それでは、オーガニックシャンプーと、どこが違うのでしょうか。

 

 

オーガニックシャンプーとは、蚊が気合成農法や化学肥料は使わずに
有機肥料などにより、土壌の持つ力を活かして栽培された植物を
使用したシャンプーのことです。

 

 

ですから、オーガニック認定を受けた植物成分が入っていることが
条件になります。
一方、ボタニカルシャンプーは、植物由来の成分を使用している
ことが定義になっているのですが、オーガニックより条件がゆるい
ですね。

 

 

いずれにしても、ボタニカルだからといって、髪と頭皮に優しい
物かどうかは、配合されている界面活性剤やその他の成分を注意して
見る必要があるんですよ。

オーガニックシャンプーとアミノ酸シャンプーの違い

 

オーガニックシャンプーとは、蚊が気合成農法や化学肥料は使わずに
有機肥料などにより、土壌の持つ力を活かして栽培された植物を
使用したシャンプーのことでしたね。

 

 

そして、オーガニックシャンプーと一口に言っても、メーカーによって
成分や効能は違うんでしたね。
ですから、配合されている成分をよく見ることが大事だったんですね。

 

 

アミノ酸系シャンプーは、髪や頭皮の主成分であるアミノ酸と系統が
同じアミノ酸系の界面活性剤を使用しているので、必要以上に
皮脂や善玉の常在菌をとりすぎないんでしたね。

 

 

ですから、オーガニックシャンプーでもアミノ酸系の界面活性剤を
配合しているものもありますし、逆にアミノ酸系シャンプーでも
植物成分を配合しているものもあります。

 

 

いずれにしても、使ってみてあなたの髪に合っているものを
選びたいですね。

抜け毛予防シャンプーならどれがいいの

 

色々な情報を見てみると、抜け毛を予防するのに大事なことは、
頭皮環境を、健康に整えることなんですね。

 

 

髪が県国成長するためには、毛根にしっかりと栄養が行き届く
ことが必要なんですね。
毛根に栄養を届けるのは、血流なんですよ。

 

 

ですから、頭皮が硬くなっていると、血流が行き当たりません。
シャンプーの時などに、軽くマッサージするようにして
もみほぐすといいですね。

 

 

また、頭皮に赤みやかゆみなどのトラブルがあると、髪が健康に
育たないですね。
それに、毛穴に皮脂や汚れが詰まっている状態も、髪にしっかりと
栄養が行き届かなくなる原因でもあります。

 

 

それで、頭皮の健康を維持するということが、髪の健康を守るのに
大切なことだということで、アミノ酸系シャンプーが、抜け毛を
予防する、として評判です。

 

 

ミケコもアミノ酸系でスカルプシャンプーであるマイナチュレ
シャンプー
を使っています。
今まで使ってみたアミノ酸系のシャンプーの中で、一番抜け毛が
少ないです。

 

 

いずれにしても、あなたの頭皮に合ったシャンプーを使うことが
大事なことです。
アミノ酸系にしてもボタニカルにしてもオーガニックにしても
配合されている成分をみて、使ってみるといいですね。